2017/11:- - - 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 - -

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EDIT [--/--/-- --:--] スポンサー広告 コメント(-)

序章
今回、このブログを掲載するにあたり、ご夫婦さんから私のブログに載せる許しを得て、
旦那さんから写真や動画を送って頂きました。
旦那さんが撮った写真や動画を元に掲載させて頂きます。


それは約一年程前7月の事です。
ワシの元にとあるご夫婦さんからメールを頂き、
その内容は「私の妻を縛って頂き、その姿を写真に撮り収めたい」 との事でした。
ワシは快諾し、そのご夫婦さんがワシのルームに訪れる事になったのです。

そして8月某日、そのご夫婦さんはワシのルームにやって来ました。
おリビングへ通し、互い挨拶を交わし軽く自己紹介、
名前は銀&艶子さんと名乗り、奥さんの艶子婦人の方は少し緊張気味で、
雑談等でその場の空気を和らげる。
旦那さんである銀さんの方はなかなかダンディーな紳士、
そして奥さんの艶子婦人は、かなりお堅い仕事とゆう事ですが、
見た目は清楚でいて可愛らしい淑女といった感じの、
とてもこちらの世界の住人とは思えない様なワシ好みの魅力的な女性でした。

『銀さんから頂いたプライベートフォトより』
艶子1

談笑で盛り上がり、艶子婦人の緊張も大分解れてきたところで、いよいよ緊縛を開始♪
まずはワシの代名詞でもある蜘蛛の巣縛りを見てみたいとゆうリクエストもあり、
素肌の上に白の襦袢を着せて、ワシは紅い染め縄を用意する。
銀さんはビデオとカメラを用意したところで早速縛り始めた。
艶子婦人は、縛り上げる程に悩ましい声をあげ始め、
先程までの清楚な淑女といった感じとは一変し、大人の艶っぽさを醸し出し始める。
股縄を通し蜘蛛の巣状に縄が艶子婦人の躯に纏わり着く、
「くうう…、くあああ…」 艶子婦人の口から何とも言えぬ淫靡な声が漏れ、
ワシの縛り上げる手にも一層熱が籠る。

蜘蛛の巣1

銀さんがシャッターを切りながら 「どうだ艶子、匠さんの縄は?」 
その言葉に 「ああ…すごく、凄く気持ち良い…、はああ…」 そう答え、
後手に縛られ自由のきかない躯をくねらせ身悶える。

蜘蛛の巣2

「匠さん、良かったら艶子を少し可愛がってやって下さい」 
銀さんがカメラを構えながら声をかけて来た。
「そうですか」 そう言いながら艶子婦人の髪を掴み、半ば強引に唇を奪い舌を挿し入れる。
艶子婦人も抵抗するどころか、まるでそうされる事を望んでいたかの様に
自らも舌を絡めながら熱い吐息を漏らすのだ。
熱い口付けを交わしながら艶子婦人の乳房を揉みしだき始めると、
「ふううんん…、んんんん…」 と合わせた口から上気した声を漏らし、
更なる快感を求めるかの様に身を捩らせる。

接吻1

唇を離すと肩で息をし、上気した目を向ける艶子婦人、
先程の緊縛前の談笑の中、艶子婦人はあまりフェラチオが好きではないと聞いていたが、
あえて跪かせ、目の前でズボンを下ろし仁王立ちになると、
目の前に威きり勃った男根を突き出す。


裏ページに続きます♪

『ご夫婦さんから…(寝取り調教) プロローグ』の続きを読む
EDIT [2017/08/17 18:33] 未分類 Comment:1

実はこの時、一組のカップルが私達のこのプレイの様子を覗き見ていたのである。
そのカップルが、ゆっくりと物陰から姿を現して良く見える位置に移動し、二人でこちらを見ている。
隷美がそれに気付き、咥えた男根を吐き出し 「ぬ、主様、人が…人が見てます…」
と焦り慌てて身を縮めようとするが、「構わず続けなさい」 と一括、
背後から貫いていた男も腰をガッシリと掴み、更に激しく腰を打ち付ける。

これをご覧の皆様はご存知の通り、この男達も今現れたカップルもワシが仕組んだメンバーであり、
このカップルは私の調教プレイを奥さんに見せてみたいとゆう事で、
この場に来て、これまでのプレイを初めから見ていたのだ。

ワシに一括され、このまま続けるしかないと悟った隷美は、
後から激しい律動を送り込まれる男根に集中するしかなかった。
やがて声をあげ始めると、もう1人の男が再び隷美の口に咥えさせ、
またも串刺し状態に…、

串刺し陵辱1

野外のこんな所で、見も知らぬ3人の男に陵辱されて口と膣穴を犯され、
そんな痴態を見知らぬ男女に見られながらも感じてしまう。
そんな淫乱な牝に堕とされ、ワシの奴隷としての資質を垣間見せるのである。


裏ページに続く♪

『隷美、初めての露散歩からの… 完』の続きを読む
EDIT [2017/08/10 20:38] 未分類 Comment:1

緊張からか、それとも興奮からなのか小刻みに震える隷美。
しかし、次第に自ら男達の怒張を咥え舐めしゃぶり、
「ううん…ふううん…」 と声を漏らしながら淫らな表情さえ見せ始める。
隷美のマン〇からは大量の蜜が溢れ出し、
その証拠に、しゃぶりながら男達に弄られピチャピチャとゆう卑猥な音が聞こえてくる。

野外陵辱1

はち切れんばかりの男根を咥え、おそらくかなりの我慢汁を飲み込んでいるであろう隷美に、
「どうだ?見も知らぬ男達のチン〇は美味いだろ?」
「ふぁ…ふぁい」 
ワシと隷美のそんなやり取りが、一層男達を興奮させ、
代わる代わる隷美の口マン〇に威きり勃った男根を咥えさせ、
犯すかの様に、無遠慮に腰を振りたてて咽喉奥まで突き挿れ感触を楽しむ。

野外陵辱2

咥えながらも男達に敏感な肉芽と蜜壺をグチュグチュと弄ばれ、
激しく輸送を送り込む怒張を咥えた隷美の口から「んんん…、ふぐううぅ、うんんん…」 と、
明らかに悦楽に溺れ淫らな声が漏れる。
「そろそろチン〇をそのいやらしい淫乱マン〇に突っ込んで欲しいだろ?」
流石に隷美の顔が一瞬凍り付く、
「ええ…、そ、そんな…、こんな所で…」
以前から他の男や複数等で犯させるとは聞いてはいたが、
まさか誰が来るか解らない野外の公園で、
それもいきなり3人ととは思ってもいなかったのだろう。



裏ページに続きます♪

『隷美、初めての露散歩からの… 第三章』の続きを読む
EDIT [2017/08/04 19:35] 未分類 Comment:0

他人棒フェラ1

3名の見知らぬ男達に取り囲まれ晒し者にされて、
あまつさえ乳やマン〇を弄ばれ、恥ずかしさに身を震わせ、
更にこの男達のモノを咥えさせようとゆうのだ。
声には出さないが、必死で目で訴える隷美、
ワシの奴隷になってから今までワシのチン〇しか咥えた事が無い隷美にとって、
それはかなり衝撃的な行為だった。

これを見ている皆さんは既にご存知だと思いますが、
この男達はワシが事前に集めておいたメンバーで、
隷美にはその事を知らせていなかったのだから、
かなり刺激的な出来事だと言えよう。

1人の男性がズボンのファスナーを下ろし、おもむろに威きり勃った男根を露にする。
大きな男根のその先端からは先走りの我慢汁が滴り、日に照らされヌラヌラと濡れ光る。
そんな見知らぬ男の男根を目の前に突き出され困惑の表情でワシを見るが、
「さぁ、大好きなチン〇だ、ちゃんと咥えてあげなさい」 
ワシのその一言で決心したのか、男の威きり勃った男根に目をやる。



男の股間に近付き手を添えると、舌を出して我慢汁が滴る亀頭の部分から舐め始め、
やがてゆっくりと口に咥えるのだった。

他人棒フェラ2

「いつもワシにやっている様に、いやらしく舌を使いながらしゃぶってやりなさい」
その言葉に、咥えながら「ふぁい…」 と小さく答えた。



裏ページに続きます♪

『隷美、初めての露散歩からの… 続き』の続きを読む
EDIT [2017/07/30 08:16] 未分類 Comment:0

この日は隷美に縄ブラジャーを施しドライブ、
そして、とある公園?に連れて行き衣服を剥ぎ取り、
ミニスカートに白のガーターストッキングだけの格好にし、
もちろん下着は着けていない。
そして首輪にリードを着け、隷美にとって始めての露散歩♪
露にした胸と剥き出しの下半身、四つん這いにさせて公園?探索。

露散歩1

人は居ないとはいえ、初めての露散歩に緊張の色を隠せず、
震えながら四つん這いで着いてくる隷美、
日の光りに照らされ、白く浮き上がる裸体。

露散歩2

露散歩3

カメラスタンドで数枚写真を撮っていると、男性とおぼしき声、
声の方を見ると二人の男達がこちらに向かって歩いて来る。
「ヒィ、ぬ…主様…、人…人が来ます」 身を縮める隷美。
そんな事には御構い無く、「上に上がりなさい」 と椅子らしき物に上がる様に指示、
私の指示に従うしかない奴隷隷美は「は…はい…」 と答えると、
四つん這いのまま、ゆっくりと椅子の上に上がり始めた。

露散歩4
(向こうに見える足は、その男達のものだ)

高い所に上がった為、マン〇と尻の蕾が太陽に照らされ露になる。
男達に「こちらにどうぞ♪」 と声を掛けると、
「良いんですか?」 と言いながら近寄って来る。
「あぁ…、ぬ…主様…」 緊張と恥ずかしさで、一層震えだす隷美、

裸散歩5

更に、影で様子を見ていたのか、もう1人の男までも現れ、
照れくさそうに近寄って来た。
その男達に向かって、サービスとばかりに指で開いてご開帳♪

ご開帳1

「おぉ~っ!」 男達から声があがり、近くから覗き込む・
「いやっ、主様…、は・恥ずかしいです…、あぁぁ…」
顔を赤らめ、いやいやをする隷美、
しかし、その言葉や態度とは裏腹に、あそこからは透明な液体が溢れ出し、
いやらしく濡れ光っていた。

裏ページに続く

『隷美、初めての露散歩からの…』の続きを読む
EDIT [2017/07/16 13:41] 未分類 Comment:1
<< |  BlogTop | PageTop  | >>
プロフィール

緊縛師&調教師

Author:緊縛師&調教師
新 緊縛と調教の世界として、生まれ変わりました。
このブログはアダルトな内容が含まれます。
未成年の方、緊縛やSM等に理解の無い方はお戻り下さい。

様々な緊縛や調教等々…
非現実の世界に皆様を誘います。

当ブログの内容については、
多少フィクションを交えている場合も有りますので、
ご理解の上お楽しみ下さい。
尚ブログからの画像の持ち出し無断使用は、
如何なる理由が有っても禁止いたします。
平気で人のブログの写真を使用して、
事後報告をする人が居る様ですので、
必ず最低限のマナーは守って楽しみましょう。

最新トラックバック

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。