2019/06:- - - - - - 12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 - - - - - -

マンコとアナルを同時に激しく犯され、
絶叫の様な歓喜の声をあげ、強烈な絶頂に乱れ狂うレイラ。
絶頂に達しガクガクと痙攣するレイラの淫らな姿を確認すると、
やっと前後の穴から男根が引き抜かれ男の上から降ろされる。
しかし男達はまだ満足した訳ではない。
休む間も無くレイラの躯を仰向けにさせると、
すぐさま外人さんの大きな男根を突き挿れ、
激しい律動を送り込み始め、
別の男もレイラの口に男根を咥えさせる。

レイラ27-32

プレイが始まってから殆んどの時間、
レイラの膣穴か尻穴、そして口と常に二本以上の男根が挿っている状態が続く。

レイラ27-33

外人さんの男根で激しく突かれ言葉にならない声を漏らしながらも、
もう一人の男根を咥えて離そうとはしない淫乱レイラ。

レイラ27-34

激しい抜き挿しに翻弄されながら膣穴から淫らな汁を滴らせ、
卑猥な様相を見せるレイラの淫穴。

レイラ27-35

外人さんが男根を引き抜くと入れ替わりに、
AV男優の様に色黒の男の大きなイチモツがレイラの膣穴を貫く。
「ああああ~凄いぃぃ~っ!気持ちいい、気持ちいいですぅぅ~はあああ~っ!」
男は遠慮の無い輸送を送り込み、レイラを追い込んでいく。

レイラ27-36

レイラ27-37

激しい抜き挿しと同時に外人さんに口膣を犯され、
またもや絶頂に達してしまうレイラ。

レイラ27-38

レイラ27-39

絶頂に達すると男がまた入れ替わり、
次の男がレイラの濡れたマンコに突き立てて激しく突きまくる。

レイラ27-40

入れ替わり立ち代りでレイラのマンコや口やアナルを好き放題に犯しまくり、
精処理用肉便器状態となっていた。

裏ページにつづく♪

『外人さんも交え4人の男達に… 【第三話】』の続きを読む
EDIT [2019/05/12 09:30] 未分類 Comment:0

レイラの尻の穴を犯す男根が根元まで突き挿れると、
アナルの感触を確かめるかの様に、
始めはゆっくりと抜き挿しを始める。
「おお~締まる、気持ちいいですねぇ」 男が声を漏らす。
「良いケツマンコでしょ?存分に使ってやって下さい」 ワシの言場に、
「はい、では遠慮無く」 男はそう言うと、
その言葉通り遠慮の無い律動を怒り込み始めた。
「はあああ~気持ちいい~っ、お尻きもちいいぃぃっ、ふああああ~っ」
尻の穴を犯され淫らな声をあげるレイラ。

レイラ27-21

もはやレイラにとってアナルはマンコに勝るとも劣らぬ性器そのものであり、
大きな快感を齎す存在となっていた。

レイラ27-22

男に激しく尻穴を犯され大きな声をあげるその口元に、
外人さんが男根を突き出し咥えさせる。
大きな男根を咥えながら尻穴を激しく犯され声にならない声を漏らし悶え狂うレイラ。

レイラ27-23

やがて尻穴を犯していた男がレイラの躯を抱える様のして背後に倒れ込む。
背面騎乗位の格好になり下からアナルを突き上げ、
両脇から大きな男根を二本交互に咥えさせ始めた。

レイラ27-24

レイラ27-25

どちらの男根も大きく、片方は外人さんの巨根と、
もう片方もカリデカの巨根。
その大きな男根を交互に舐め咥え、
下からのアナル姦に淫らに腰を振り歓喜の声を漏らしながら身悶える。

レイラ27-26

「ふあああ~っ、おしり…おしりがいっちゃうぅぅっ!ああああ~っ!」
咥えていた男根を吐き出し、男の上でガクガクと躯を震わせ絶頂に達したレイラ。
下になっていた男が尻の穴から男根を引き抜くと、
咥えさせていた外人さんがビックサイズの黒いコンドームを着け、
レイラの躯を上に乗せ跨らせると、
外人さんの大きな男根にレイラ手を添え自らの膣穴に導き挿れた。

レイラ27-27

「ふああああっ、大きい…はああああ~」 
そう言いながらゆっくり体重をかけ、遂には根元まで呑み込んでしまう。
下から突き上げる外人さん、
徐々に律動は激しくなりレイラの躯が外人さんの上でガクンガクンと揺れ、
その激しさを物語っていた。

裏ページにつづく♪

『外人さんも交え4人の男達に… 【第二話】』の続きを読む
EDIT [2019/05/08 18:27] 未分類 Comment:0

この日は4名の友人達に来てもらいレイラを犯してもらいました。
男性陣が集まる前に胸縄を施し皆さんを待ちます。
その中には友人の外人さんにも来てもらい、
レイラにとって初の外国人さんを交えてのプレイになります。

男性陣が揃ったところでレイラからご挨拶をさせます。
男達は既に服を脱ぎ捨て全員裸で臨戦態勢、
そんななか、
「主様の奴隷のレイラです…、よろしく…お願いします…」
男達の視線がレイラに集まる。
「皆さんに伝える事があるだろ、ちゃんと伝えなさい」 
そんなワシの言場に、
「オ…オチンチンと…精子が…大好きです…」
そう言って恥ずかしそうに照れ笑いを浮かべるレイラ。

レイラ27-1


「まだあるだろ?」 ワシがそう言うと、
「き…今日は…たくさん…可愛がって…ください…」
無理矢理言わされているように感じているだろうが、
それがレイラの本音であり、そうされる事が望みでもある。

さぁ宴が始まる。

男達が一斉にレイラの身体に群がり服の上から胸を揉み乳首を弄び始める。

レイラ27-2

「はあああん、ああああ…」 レイラの口から淫らな声が漏れ始め、
男達は一層ヒートアップ、
その手は股間に伸びショーツの上から弄り始める。
「もう濡れてるぞ」 男が指摘する。
M性の強いレイラがこの状況で濡れていない筈はなかった。
その事は自分でも解っているに違いなく淫らな声は声が一層高くなる。

レイラ27-3

ショーツをずらされ直に濡れたマンコを男達に覗き込まれ、
「いやぁぁん、ああああ…」 と声を漏らすが、
レイラの手は男達の股間に伸び弄り始めていた。

レイラ27-4

男達にショーツを剥ぎ取られ、露になったパイパンマンコを男達の指が弄び、
ピチャピチャと卑猥な音と共にレイラの声が淫靡なBGMとなり、
部屋の中に響き渡る。
男は堪らず威きり勃った男根を引き出すと、
レイラ自らその男根を舐め咥え始めた。

レイラ27-5

こんなに可愛く清楚そうに見える女性が、
こんな変態的な行為を行い、淫らに乱れ狂っている等と誰が思うだろう。
ワシの調教で、すっかり淫乱な雌奴隷に育ったレイラ、
ワシの側ではどこまでも淫乱で変態は雌に変貌する。
見知らぬ男達の男根を美味しそうに舐め咥える姿は淫ら、そして美しい。

レイラ27-6

この日集まった男達は偶然にも皆巨根揃いで、
見事なモノを携え、思わずワシも期待してしまう。
それはレイラも気付いていたと思う。
そんなレイラを男達は抱えて四つん這いし尻を突き出した格好にさせると、
男達の手で左右に開かれ濡れたマンコもアナルも丸見えに、

レイラ27-7

男の指がクリトリスを弄びながら膣穴に突き挿れグチュグチュと掻き回し、
更に尻の穴に指を挿れ出し挿れを始める。
「あああん、いやああ、はああああ」 レイラが気持ち良さそうな声をあげると、
その口に外人さんの大きな男根を咥えさせられる。
もう一人の男が背後に回り、これまた大きな男根を尻穴にあてがうと、
ズブズブと押し込んでいく。

レイラ27-9

いきなりのアナルファックに男根を咥えたまま、
堪らず 「ふわぁぁぁ、ふぐうううう…」 と大きな声を漏らすレイラ。

レイラ27-10

レイラ27-11

根元まで突き挿れるとゆっくりと輸送を始めると、
「ふああああっ、ああああ~っ」 と淫らな声をあげ、
尻穴を犯される快感に身を委ね始める。

レイラ27-12

次第に男の動きは激しさを増し、
まるで膣穴を犯すかの様に尻の穴を突きまくる。
「はあああ~っ、いいっ、気持ちいい~っ、ああああ~っ」
尻の穴を突きまくられ淫らな声をあげる淫女レイラ、
やがて 「いやぁぁっ、いっちゃう、お尻でいっちゃいますぅぅっ、ああああ~っ!」
と、一度目の絶頂はアナルで登り詰めた。

裏ページにつづく♪

『外人さんも交え4人の男達に… 【第一話】』の続きを読む
EDIT [2019/05/06 08:00] 未分類 Comment:2

さてさて新たな元号『令和』になり、

世の中はお祝いムード一色ですね~♪  。* ゚ + 。・゚・。・ヽ(*´∀`)ノ

平成に引き続き令和になっても宜しくお願いしますね (*^ー゚)b


平成中に掲載出来なかった夜桜緊縛や吊り緊縛、
そしてプレイ等を載せていこうと思います♪

4月某日、桜の咲く公園に夜桜緊縛を撮りに行きました。
予想以上に寒くて吊り緊縛は断念、
おまけに一眼のフラッシュライトの調子が悪く、
仕方なくデジカメで撮影しました。

レイラ28-1

やはり光料不足は否めません。
後の桜がはっきり見えず、桜を懐中電灯で照らして撮ったら、
なんか不自然だし、懐中電灯は止めました (´ー`A; )

レイラ28-2

レイラ28-3

画像を明るく加工してもこれが限界で、
レイラの身体が白飛びしてしまうので後の桜があまり写りませんでした。

レイラ28-4

レイラ28-4


とゆう訳で、家に帰ってから軽く吊り緊縛を… (;´▽`A``
3枚ほど載せますね♪

レイラ28-5

レイラ28-6

レイラ28-7

今回は取り合えずここまで (*=ω=*)ゞ
次回は複数プレイの様子をアップします♪
レイラ初の外人さんを交えてのプレイ、
乞うご期待を ( ̄ー ̄)b

EDIT [2019/05/01 16:45] 未分類 Comment:6

皆さん、お待たせして (ToT)ゞ スンマセン
実はPCのインターネットのトラブルで更新できなくなってました (゚ω゚;A)
どうやらPCのアダプターが故障したみたいで、
USB変換機器を買ってきて、何とか復活しました (;´▽`A``
いや~、参った参った ┐( ̄ー ̄)┌

とゆう訳で、またブログも再開しますね♪

【第六章】
男が目を覚ますと隣に巫女の姿は無く、
一瞬逃げ出したかと思いはしたが、焦る事も無くゆっくりと身体を起こし、
タバコに手を伸ばす。
逃げ出すであろう事も想定していたので焦りもせず、
タバコに火を着け、深く煙を吸い込んだ。
ふぅ~と煙を吐き出し寝室を出ると、
リビングから物音と共に味噌汁の香りが漂ってきた。
男はリビングの戸を開けると、
「あっ、おはよう御座います」 
リビングから続く台所に巫女の姿があった。
逃げようと思えば逃げるタイミングはいくらでもあっただだろうに、
逃げずに男の家に留まり、朝げの用意をしていた。
「冷蔵庫の有り合わせで作ったのでお口に合うかどうか…」
そう言ってテーブルに並べる姿に男は見入った。
巫女の首には先日着けた首輪が外される事も無く装着されており、
男の視線に気付くと恥ずかしそうに微笑む顔が窓から射す朝日で眩しく見えた。
男は巫女の作った朝食を食べ終わると 「なぜ逃げなかった?」
そう聞くと 「たく…、あっ、主様は本当に悪い人だと思えなかったから…」
「それだけか?」 小さく首を振り 「それに…、私の全てを…見られちゃったし…」
顔を赤らめ俯きながら 「あんな事されたのに…凄く感じて…しまいました…」
「気持ち良かったのか?」 「はい…、おかしくなっちゃうかと思いました…」
「ワシが嫌いじゃないのか?」 「は…始めは怖かったし…嫌だと思ったけど…」
「始めは?」 「でも…今は嫌じゃありません」 そう言うと男に肩に頭を乗せ、
小さな声で 「好き…」 と囁いた。
「ワシの奴隷になるんだな?」 男の言葉に、
「はい…、主様の奴隷にして下さい…」 はっきりとそう答えた。
男は巫女の髪を鷲掴みにすると引き寄せ唇を重ねると、
巫女も答える様に舌を絡ませ合った。

チュッ♪

唇を離すと二人の唾液が糸を引き巫女の口から熱いため息が漏れる。
「抱いて…」 小さな声で巫女が訴えると、
「来い」 と巫女の手を引いて寝室に連れて行く。
男はズボンを脱ぎ捨てベットに横になると、
言われるまでも無く男根に舌を這わせ、
そして愛おしそうに舐め咥え始めた。

巫女075

まだまだ不慣れで、けっして上手いとは言えないが、
一生懸命に男に喜んでもらおうと舐めしゃぶる巫女が意地らしく可愛かった。

巫女076

巫女は口で奉仕しながら自ら着ていた服を脱ぎ始め、
上半身裸になり尚も舐めしゃぶる。

巫女077

巫女078

巫女080

一旦男根から口を離し 「主様…気持ち良いですか?」 
男は 「ああ、だがまだまだ鍛えないとな」 「はい、お願いします」
そう言って下の袴も脱ぐと再び咥え始める。

巫女081

巫女082

「どうだ、ワシのチンポは美味いか?」 「はい…、美味しい…です…」
そう言ってジュボジュボといやらしく音をたててしゃぶる女が、
あの清楚で可愛らしい巫女と同じ女とは思えないほどだった。

巫女083

「はぁぁ…、主様…、欲しい、欲しいですぅ…」
「そんなに欲しいのか?この淫乱女」 「はい…、れいらは…淫乱女です…」
「なら淫乱らしく上になって自分で挿れてみろ」
「は…はい…」 そう答えると男の上に跨り、
男根に手を添えて自らの膣穴に導き挿れる。
案の定、巫女の蜜穴は大量の蜜を溢れさせ男の怒張をズブズブと受け挿れてしまった。
「はあああ~っ、これ、これなの~っ。あああああ~っ」

巫女085

巫女084

しかし巫女自身、男性の上になってセックスをした事がなく、
どの様に動けば良いのか戸惑っていた。
それを察した男は巫女の腰を掴むと 「こう動かすんだ」 そう言って前後に揺り動かす。
男根の先端が巫女の子宮にグリグリと擦り付けられ、
強烈な快感が巫女を襲う。
「ひいいいっ、凄いっ、ああああ~っ」

巫女086

歓喜の声をあげながら次第に自分で腰を動かし始め、
自らの手で胸を揉み絶頂への階段を駆け登り馴染めた。

巫女087

「ああああ~っ、いい、気持ちいい~っ、はああああ~っ」
本当の良さを知ってしまった巫女は男のセックスに溺れていった。


裏ページにつづく♪

『拉致された巫女 【最終章】』の続きを読む
EDIT [2019/04/25 20:05] 未分類 Comment:0
<< |  BlogTop | PageTop  | >>
プロフィール

緊縛師&調教師

Author:緊縛師&調教師
新 緊縛と調教の世界として、生まれ変わりました。
このブログはアダルトな内容が含まれます。
未成年の方、緊縛やSM等に理解の無い方はお戻り下さい。

様々な緊縛や調教等々…
非現実の世界に皆様を誘います。

当ブログの内容については、
多少フィクションを交えている場合も有りますので、
ご理解の上お楽しみ下さい。
尚ブログからの画像の持ち出し無断使用は、
如何なる理由が有っても禁止いたします。
平気で人のブログの写真を使用して、
事後報告をする人が居る様ですので、
必ず最低限のマナーは守って楽しみましょう。

最新トラックバック

ブロとも一覧


愛奴隷と呼ばれるために 〜pledge〜

M女の隠れ家-B◆ご主人様と奴隷の秘密◆

紆余曲折

アナタノカタチ

緊縛に惹かれて

みやつぁの想ひ出

緊縛の館

chunyang ド変態ペットの卑しい日々

奴隷美の調教日記

従順ブタ妻 弥生のSM日記

アナル性感開発師Kazuの肛門開発・拡張室

はこ&ろうのセキララ日記

変態SMマニア

性欲処理肉便器「澪といふもの」

新・トマトの淫乱日記

ちさとの服従日記☆

癒縄 命羅のロープヒーリング

熟女M男文字コラ@五十路熟女シングルマザーセリフ付きエロ画像

緊縛 鼻責めコンテンツアウェイのブログ

「縛り屋、芦屋。」

女性のペニス

【熟女フェチ・人妻たちの寝取られ日記】

やっぱり複が好き ~ 妻と夫と他人棒 ~

絆☆遊誠会

Japanese-wifeblog

OL夢華の秘めごと遊び

私の愉しみと内緒のお話し

縄次の緊縛日記

東北nawaがすき~SM  

これが人の本能ぞ!!!

誰でもなれるマゾペット

Lets Enjoy Bondage

PurpleCouple's Secret Place

牝奴隷レナ

マゾヒストからの視点

ミナの想いつづり

ご主人様のために、いっぽいっぽ。

【SM 調教 動画】の恍惚

エスエム ジゴク

沖縄SM~緊縛・調教・羞恥・快楽・絶頂・奴隷の世界~

緊★縛エロチカ★

SM + 虐 待 & 拷 問

従順M妻の日記

海外SMグッズ通信販売専門店tarantula(タランチュラ)FC2公式ブログ

パイパン奴隷の野外露出とSM調教

縄の火遊び

荒縄工房 ~あまりに危険な妄想的SM小説~

『アンドロメダな朝』美少女とご主人様の愛の物語・毎日過激に更新中 

marの調教日記

desire Gs  ~妻との性記録~

luv ショーパン&ミニワンピ byゆーり

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: