2018/07:1 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 - - - -

ワシの男根に絡み付くMの肉ヒダが心地良い、
粘りのある愛液はアナル周辺まで滴り男根の抜き差しをスムーズにさせる。
しかし、ここからがワシの本領発揮だ。
一旦男根を引き抜き、Мの髪を掴んで引き起こす。
「ひっ、ああっ」 小さく悲鳴をあげるМ、
調教バックから麻縄を取り出すとMの腕を掴んで後ろ手にすると、
何の躊躇も無く後手一文字から胸に縄をかけ縛り上げる。
「くふぅ…、ううう…」Mの口から漏れ出す声、
うっすらと桜色に染まるMの躯。

隷奈後手縄1

隷奈緊縛1

隷奈緊縛2

その姿をカメラに収めると、Mの髪の毛を掴んで唇を奪い舌を挿し入れる。
Mもそれに答える様に舌を絡ませ、「ううん、ふううん…」と不自由な身を捩る。
髪を掴んだままベットへと仰向けに突き倒し足を開かせると、
「ああっ、いやっ」と声をあげる。
露になるМの濡れた蜜壺、
指でその蜜壺を観察する様に左右に開き、「いやらしいマンコだなぁ、んん」
真っ赤になりイヤイヤをするМ、
少し大きめなクリトリスを指で弾き、
「何だ、この大きなクリは、オナニーばかりしてるんじゃないのか?」
「あっ、いや、そんなことは…」
そんな事を言いながら中指をMの蜜壺に這わせ、
やがてズリュっと挿し込んでやる。
「くあああ…、ああああ~っ」
Mの蜜壺の中に挿し込まれたワシの指は的確に膣内のポイントを捉える。


裏ページにつつく


わしの指は特別な能力を秘めている様で、
その女性により、深い人浅い人と人それぞれなのだが、
初めて相手をする女性でも、膣内のポイントを感じ取る事が出来る。
それが何時からなのか自分でも覚えていないが、
かなり以前からである事は解っていた。
もちろんMも例外ではなかった。
ここだと感じたポイントを的確に捉え刺激を与えていく。
「あああ~っ、いやぁ、あああああ~っ」
大きな声をあげ激しくのたうつМ、
更にもう1本指を加え、2本の指で責め立てる。

ピンポイント1

Mの膣内が収縮し、ガクガクと激しく躯を震わせ、
少量ではあるが潮を噴きながら絶叫の様な雄叫びをあげる。
初めての膣内絶頂と潮吹きに息も絶え絶えになるМ。
しかし、それで許すワシでは無い事は皆さんもご存知の通り、
縄を掴みうつ伏せにさせると、尻を突き出すかたちにさせ、
未開拓なアナルに狙いを定める。

アナル1

特製アナル用ローションを指に塗し、
ゆっくりとアナルの中心部を解していく。
ワシの狙いがアナルだと知ったМ、
「ああ匠様、こ・恐い…」
「少しは経験があるんだろ?大丈夫だワシに任せろ」
そう言うと、小指をツプッと挿し入れた。
「ふあぁ…」Мの口から変な声が漏れる。
意外とすんなり根元まで挿いり、解しながらアナルのポイントも刺激する。
「あああ匠様、へん、ああああ~っ」
こうなるともうこっちのもの、
小指は薬指に、やがて中指に変え一層激しくポイントを責め立てる。
「あああ~っ!いやぁ~っ!あああああ~っ!!」
「嫌なのか?」そう言うと意地悪に指を引き抜く。
尻をモジモジさせ、「ぬ…抜かないでぇ…」と言ってしまうМ、
ニヤリとほくそ笑むと、「この淫乱女!」
腕の縄を解くと、今度は指を2本にしてアナルに挿し入れ、
ズブズブと抜き差しを行いながら中のポイントを責める。
「ひあああっ!あああああ~っ」
激しく身悶えながら再び大絶叫!

アナル絶頂1

やがて指を引き抜くと、糸の切れたマリオネットの様に崩れ落ちるМ、
初めての膣内とアナルでの絶頂を味わい、
息も絶え絶えにビクンビクンと躯を痙攣させグッタリと横たわる。
「こんな…凄すぎるの…初めて…」
そう言って虚ろな目でワシを見上げた。

次回へつづく
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

EDIT [2018/03/09 19:14] 未分類 Comment:1
<< |  BlogTop | PageTop  | >>
匠さんの芸術的な緊縛で隷奈さんが妖艶で
素敵です。
もっと隷奈さんか緊縛された写真が見たいです。
隷奈さんアナル開発頑張ってください。
[2018/03/09 19:57] EDIT
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

緊縛師&調教師

Author:緊縛師&調教師
新 緊縛と調教の世界として、生まれ変わりました。
このブログはアダルトな内容が含まれます。
未成年の方、緊縛やSM等に理解の無い方はお戻り下さい。

様々な緊縛や調教等々…
非現実の世界に皆様を誘います。

当ブログの内容については、
多少フィクションを交えている場合も有りますので、
ご理解の上お楽しみ下さい。
尚ブログからの画像の持ち出し無断使用は、
如何なる理由が有っても禁止いたします。
平気で人のブログの写真を使用して、
事後報告をする人が居る様ですので、
必ず最低限のマナーは守って楽しみましょう。

最新トラックバック

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: