2018/10:- 1 2 3 4 5 67 8 9 10 11 12 1314 15 16 17 18 19 2021 22 23 24 25 26 2728 29 30 31 - - -

私が主催するカップルオフ会『濡艶』、そして縄会『濡縛』について説明しますね d(´・ω-*)

◎毎月第一日曜日はオフ会『濡艶』となっており、
カップル様メインの交流会的な集まりとなってます。
SM的な事に拘らず、相互観賞やSW、そして複数等に興味の有るカップル様、
そんな皆様が集うパーティーオフ会です。
完全会員制となっておりますので、安心して楽しめると思います。
尚、単独男性の場合は、当メンバーカップル様の紹介が有る方は参加出来ます。
それと、私自身が面接を行い許可が出た方のみ参加出来ます。
面接の際は、身分証の提示(コピー可)必須、未婚者の場合、健康診断書(性病検査)が必要です。

時間は午前13時からとなっていますが、
前日の土曜日からのお泊りの方も受け付けております。

◎第三日曜日は縄会『濡縛』となっております。
緊縛&SMを安全に楽しむ為の勉強会となっており、
安全に緊縛を楽しむ為の危険性についても指導します。
緊縛を覚えたい、綺麗に縛られてみたい、本当の緊縛を見てみたい等々…、
そんな縄好きの人達が集う縄会です。
縄の結び方から繋ぎ方、基本的な縛りから吊りまで、
親切丁寧にお教え致します。
こちらも完全会員制になっており、
カップル様はもちろん、単独女性や単独男性も会員になれます。
但し、単独男性の場合は私の面接が必要で、
身分証の提示(コピー可)が必要になります。


追伸
10月のオフ会、新たな奴隷隷裸(レイラ)のお披露目を行います。
まだまだ未熟ではありますが、
ワシに対して非常に従順な若くて可愛い奴隷です。
当日、お楽しみも有りますので、
参加希望のメンバーの方は連絡お待ちしております♪
内容はお楽しみ~♪ (*≧m≦*)プププw


レイラ1


初回入会金は単独の場合、男女共に2千円、
カップル様は3千円となります。
参加費はカップル様は6千円、
単独男性は5千円、単独女性は2千円、
尚、お泊りの方は、一人様3千円となります。
軽食&食事、ソフトドリンクとアルコール類付き。
(持ち込みやお土産大歓迎♪)

縄会の時、前日からの参加の場合、
緊縛終了までアルコールの摂取はご遠慮下さい。
その後は自由とさせて頂きます。

皆様のご参加、お待ちしておりま~す♪ v(=∩_∩=)

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

EDIT [2018/12/30 16:34] 未分類 Comment:17

尿道に挿いった金属の棒から走る電撃に悲鳴をあげるレイラ、
これまで経験した事の無い衝撃。
始めは弱流でビッビッビッ…とゆうTaP、
ここで述べておくと、パターンは4種類あり、他にVibrating、Massage、Autоとある。
脇の摘みを回し、徐々に電流を上げていく。
「ひぃぃぃ~っ!主様ぁぁ~っ!」
更にVibratingに変え金属の棒をゆっくりと抜き挿しを加える。
「ああああ~っ!主様ぁぁぁ~っ! いやぁぁぁ~っ!」
大きな悲鳴をあげ身悶えるレイラ、
しかし、レイラの反応に変化が現れ始め、
その変化を見逃さなかった。
「ああああ…、いやぁ、ああああ~っ」
明らかに感じ始め、艶っぽい声になってきたのだ。
「どうだ、気持ち良いんだろ?」
「あああ…、は…はい…、気持ち…いい…です、あああああ…」
更に電流を強めると 「ああああ~っ!いやぁぁ~っ!はあああ~っ!」
完全に喜びの声に変わり、快感に打ち震え身悶えるのだ。
スイッチを切り電撃棒を尿道から引き抜くと、
肩で息をしながら力無くグッタリと横たわり、時折ヒクヒクと躯を震わせていた。
レイラの身体を抱き起こし、一旦縄を解き休憩を入れる。
「主様、コレ最初は痛かったけど、だんだん気持ち良くなってきました」
「そうか、コレも気に入った様だな」
タバコに火を着けながら、
「今日は尻の穴もたくさん犯してやるからな」
「はい…お願いします」
嬉しそうにワシの顔を見詰めるレイラ、
「その前にケツの中を綺麗にしないとな」
タバコを咥えたままバックからガラス製の浣腸器を取り出す。
初めて200mlは入るとゆう浣腸器を目にするレイラ、
不安の色は隠せない。
タバコをもみ消し 「こっちに来なさい」 とバスルームへ連れて行く。
「ほら、四つん這いになってケツを突き出すんだよ」 と尻に平手を一発、
「は…はい」 と尻を向け尻を突き出し小さな蕾を曝け出す。

初浣腸1

人肌程度のお湯を桶に汲み、それを浣腸器で200ml一杯まで吸い上げる。
「ぬ…主様…、こ…恐い…です…」
初めての浣腸に不安の色を覗かせる。

初浣腸2

「尻の穴を可愛がって欲しいんだろ?」
「は…はい…、お願いします…」
いよいよ注入開始だ。

裏ページにつづきます♪

『淫乱牝奴隷への階段 〔二〕』の続きを読む
EDIT [2018/10/15 09:25] 未分類 Comment:1

淫乱牝奴隷への階段の途中ですが、
今度の日曜日、レイラを連れてF県の混浴露天風呂に行きますよ♪
レイラにとって混浴露天風呂初体験だそうです。
詳しい事はメールにて♪ (●ゝ艸・○)

EDIT [2018/10/12 07:06] 未分類 Comment:0

初調教の日からレイラの身体と心に大きな変化が現れる。
中で逝く事を知り、アナルさえも絶頂を知り性器と化したレイラの躯は、
これまで以上に敏感になり、日々躯の疼きに身悶え、
一層淫乱奴隷への道を歩み始める。
それは日頃のメールのやり取りにも如実に現れていた。
オナニーの回数も増え、動画に撮って送りなさいといえば、
素直にオナニー動画も送ってくる。
(後にこの動画も公開します♪)
会って数日も経たないうちから 「主様に会いたい、主様のが欲しい」 と、

とゆう訳で、初調教から一週間後に会う事となった。
まだまだ未経験な事も数多く、ワシ色に染めていく事を伝えると、
「どんな事でもします、主様のお好きな色にレイラを染めて下さい」
そう答えるレイラ。
皆さんはお気付きだろうと思いますが、ワシの奴隷としては珍しく、
レイラには恥毛があることに、
とゆう事で、変態の淫乱奴隷に相応しく剃毛しパイパンにする事を決めました。
それと、まだ男性の精液を飲んだ事が無い事も聞いていたので、
ここはしっかり精子の味を憶え込ませ、精子好きな女にし、
どの穴も喜んで受け入れる淫乱牝奴隷に仕込まなくてはならない。
アナルの方も更なる拡張も行い、誰のモノでも受け入れられる様にしなくては…、

待ち合わせ場所に着くと台風の影響もあり列車が少し遅れていた。
やがて駅からレイラの姿が、
ワシの車を見つけると、小走りに駆け寄り。
助手席まで来るとにこやかに頭を下げ 「おはよう御座います♪」
そう言いながら助手席に乗り込んだ。
「おはよう♪」 そう言うとアクセルを踏み込み車を走らせる。
運転しながらスカートの中に手を入れると自ら触り易い様に足を広げるレイラ、
下着は既にグッショリと湿り 「はぁぁ…、主様ぁぁ…」 と目を潤ませる。
「欲しくて堪らないか?」 「はい…、ほ…ほしい…です、主様が…欲しいですぅ」
見た目の清楚さとは裏腹に全く淫乱な女に変貌していた。
近くのホテルに車を滑り込ませ、
調教バックと撮影機材を持ち部屋に入った。

部屋に入ると髪を鷲掴みにして引き寄せると唇を奪い舌を絡ませ、
引き離して上から唾液をレイラの口の中に注ぎ込んだ。
「はああ…、美味しい…」 恍惚の表情を見せしがみ付いてくる。
着ている物を剥ぎ取り全裸にさせると、
自らの手でワシのズボンとパンツを脱がせ、
そのままベットの上に腰掛けた。
「ご奉仕…させてください…、咥えさせてもらっても…よろしいですか?」
上目使いでワシを見るレイラ、小さく頷くと嬉しそうにワシの男根にしゃぶり付く。

奉仕1


ワシの男根を咥えたまま、
「んんん…、おいひい…ぬひはまのおひんひん…おいふぃいでふぅ…、うんんん…」
(んんん…美味しい…主様のオチンチン…美味しいですぅ…、うんんん…)
余程ワシの男根が愛おしく待ち遠しかったのだろう。
「そんなにコレが好きか?」 「ふぁい…ふぁいふきでふ…」(はい…大好きです…)
そう言って淫らに咥えしゃぶる。


裏ページにつづきます♪

『淫乱牝奴隷への階段』の続きを読む
EDIT [2018/10/11 19:42] 未分類 Comment:0

中で逝く事を覚え膣内も敏感になったレイラに、
強烈な高速ピストンマシーンで更に絶頂とゆう感覚を刻み込む。
以前のブログにも書いた事はあるが、
ストローク幅20mmで引き金の感覚でスピードは自由に調整出来る。
強制的に絶倒へと導き逝き狂わせる、ある意味凶悪なマシーンと言える。

マシーンのディルドゥ先端部をレイラの淫穴に宛がうと、
ピクリと反応しながら 「なに? 匠様…恐い…」
そんな言葉を無視して先端を淫穴に押し込んでいく。

高速ピストンマシーン2

「はああ…、あああああ~っ」
ズブズブと吞み込まれて行くディルドゥ、
それだけでも感じ乱れるレイラ。

裏ページにつづく♪

『新奴隷初調教〔最終章〕』の続きを読む
EDIT [2018/10/08 18:15] 未分類 Comment:0
BlogTop | PageTop  | >>
プロフィール

緊縛師&調教師

Author:緊縛師&調教師
新 緊縛と調教の世界として、生まれ変わりました。
このブログはアダルトな内容が含まれます。
未成年の方、緊縛やSM等に理解の無い方はお戻り下さい。

様々な緊縛や調教等々…
非現実の世界に皆様を誘います。

当ブログの内容については、
多少フィクションを交えている場合も有りますので、
ご理解の上お楽しみ下さい。
尚ブログからの画像の持ち出し無断使用は、
如何なる理由が有っても禁止いたします。
平気で人のブログの写真を使用して、
事後報告をする人が居る様ですので、
必ず最低限のマナーは守って楽しみましょう。

最新トラックバック

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

ブロとも申告はこちらから。

この人とブロともになる

QRコード

QR