2018/04:1 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 - - - - -

私が主催するカップルオフ会『濡艶』、そして縄会『濡縛』について説明しますね d(´・ω-*)

◎毎月第一日曜日はオフ会『濡艶』となっており、
カップル様メインの交流会的な集まりとなってます。
SM的な事に拘らず、相互観賞やSW、そして複数等に興味の有るカップル様、
そんな皆様が集うパーティーオフ会です。
完全会員制となっておりますので、安心して楽しめると思います。
尚、単独男性の場合は、当メンバーカップル様の紹介が有る方は参加出来ます。
それと、私自身が面接を行い許可が出た方のみ参加出来ます。
面接の際は、身分証の提示(コピー可)必須、未婚者の場合、健康診断書(性病検査)が必要です。

時間は午前13時からとなっていますが、
前日の土曜日からのお泊りの方も受け付けております。

◎第三日曜日は縄会『濡縛』となっております。
緊縛&SMを安全に楽しむ為の勉強会となっており、
安全に緊縛を楽しむ為の危険性についても指導します。
緊縛を覚えたい、綺麗に縛られてみたい、本当の緊縛を見てみたい等々…、
そんな縄好きの人達が集う縄会です。
縄の結び方から繋ぎ方、基本的な縛りから吊りまで、
親切丁寧にお教え致します。
こちらも完全会員制になっており、
カップル様はもちろん、単独女性や単独男性も会員になれます。
但し、単独男性の場合は私の面接が必要で、
身分証の提示(コピー可)が必要になります。


追伸
9月まで通常通り、第1日曜日がオフ会パーティー、第3日曜日が縄会となりますが、
10月においては、第2日曜日がオフ会、第4日曜日が縄会となりますので、
お間違いの無い様、よろしくお願い致します.。
尚、11月以降は通常通り、第1と第3の日曜日になります。
皆さんのお越しをお待ちしております。

蜘蛛の巣1


初回入会金は単独の場合、男女共に2千円、
カップル様は3千円となります。
参加費はカップル様は6千円、
単独男性は5千円、単独女性は2千円、
尚、お泊りの方は、一人様3千円となります。
軽食&食事、ソフトドリンクとアルコール類付き。
(持ち込みやお土産大歓迎♪)

縄会の時、前日からの参加の場合、
緊縛終了までアルコールの摂取はご遠慮下さい。
その後は自由とさせて頂きます。

皆様のご参加、お待ちしておりま~す♪ v(=∩_∩=)

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

EDIT [2018/12/30 16:34] 未分類 Comment:12

またまたプレイ日記の途中ですが、
今度の日曜日(15日)は縄会『濡縛』になります。
緊縛に興味のある方、まずは見学してみたいとゆう人から、
縛りを覚えたい方には、もちろん基本からお教えします。
更に、多少縛れる人のスキルアップにも尽力しますので、
この機会に遊びに来てみませんか?
緊縛体験や自分の奥さんやパートナーを縛って欲しい方等、
緊縛に関してのリクエストにもお答え致しますので、
皆さんのお越しをお待ちしております。

本菱縄1

EDIT [2018/04/09 18:29] 未分類 Comment:0

いやぁ~ ヾ(;´Д`A
せっかく書いたのに全部消えてしまった…  (´・ω・`)ガッカリ・・・
気を取り直して、


Mの牝穴からは白濁した淫汁を驚くほど滴らせ、
男根を打ち込む度にズチュズチュと淫らな音が、
「ああ~っ!凄い~っ、きやああああ~っ」とMの声が響き渡る。
それは淫靡なBGMとなり、ワシの耳を楽しませる。
「さぁ、出してやるぞ、どこに欲しいんだ」
「あああ~っ、なかに…、中に下さい、うあああ~っ!」
避妊もしてないのに快感に任せて中はまずいと思い、
「口に出してやる、全部のむんだぞ」そう言うと、
「はい…、あああ…、飲みます、ああああ~っ!」
その言葉を聞くと更に激しく男根を撃ち込み、
やがて躯を大きく仰け反らせ、断末魔の様な絶叫をあげ、
激しく躯を振るわせる。
「つあああ~っ!ひいいい~っ!」
そのタイミングに合わせ止めの一撃を突き挿れると、
Mの躯が大きく跳ね上がる。
牝穴から男根を引き抜き、Mの口に咥えさせ、
「ほら出すぞ!うおおおっ!オラッ!オラッ!」
ドクンドクンと大量の精子がMの口の中に放出される。
「んん…、んぐんん…」と声を漏らし、Mの咽喉がゴクリゴクリと鳴り、
ワシの精液を全て飲み込み終えたと同時にバッタリと崩れ落ち、
ワシの顔を見上げる。
「はああ…、匠様の精子…、美味しい…」そう言って微笑んだ。
しばし動く事も出来ず力無く横たわり、
ヒクヒクと躯を痙攣させながら余韻に浸るM、
しばらく休ませてから「まぁ、明日もある事だし、今日はここまでにしよう」
そう言うと、「はい…」と答え、やっと上半身を起こす。
「さて、酒でも飲もうか」ワシのその言葉に「はい」と答えると、
ゆっくりとベットから降り、買って来た酒と肴を冷蔵庫から出してきて、
二人で酒を飲み始めることに…、
飲みながら「ワシの奴隷になりなさい」と言うと、
「はい、なります」とゆう事になり、
そして奴隷としての新しい名前を決めないととゆう話しで、
そこで『隷奈』とゆう名前に決まり、
ワシの奴隷として仕える事となったのである。

隷奈1

今回はここまでとゆう事で…、
次回へとつづく

EDIT [2018/04/04 06:15] 未分類 Comment:0

この度の(平成生まれの牝奴隷)のプレイ日記の最中ではありますが、
ちょっとお知らせがあります (´▽`*)ゝ

4月1日(日曜日)は通常通りオフ会になります。
ですので、15日(日曜日)が縄会です。
お間違えの無いよう宜しくお願いしますね♪

そしてもう一つが、先日例のご夫婦さんとお会いして来まして(プレイ込み)
あの後の続きが見たいとゆう皆様からのリクエストが多かった事をお伝えし、
更にこの度、仕事の都合で北方の地元にお帰りになられるとの事もあり、
ブログ掲載のお許しが出ました。
このプレイ日記の掲載後、これまでの寝取り調教の様子を載せたいと思います。

そしてもう一つ、あの隷美が帰って来ました。
以前にも増して従順になり、ワシの奴隷として生涯を捧げるとの事、
ただ、いろいろとあり太ってしまい、只今ダイエット中です (^◇^;
多頭になってしまいますが、ミヤ、隷奈、隷美の奴隷達共々、
これからも宜しくお願い致します。
(1日オフ会隷美参戦)

EDIT [2018/03/27 06:16] 未分類 Comment:0

「気持ち良過ぎて壊れるかと思った、ちょっと恐い…」
それがMの感想だった。
これまで、それなりの経験はあっただろうが、
膣内もアナルも絶頂を感じた事の無いМにとって初めての快感であった。

しかし時間もたっぷり有る、
まだまだこれからがワシの真骨頂であり序の口と言ったところか、
グッタリと横たわるМの手を取り軽く握らせながら、
Мの目を見ながら「マンコって言ってみろ」
一瞬「えっ?」とゆう顔をするが、Mの手を軽く握りながら「マンコって言うんだ」
「マ…マン…コ…」小さな声で答えるが、「もっと大きな声で!」
「マ…マンコ…」少し大きな声で答えると。
軽く握ったその手の輪が出来た親指と人差し指の付け根の辺りに舌を這わす。
あたかもクリトリスを舐めるかのようにピチャピチャと舌を動かし始めると、
「あっ、ああっ、なに?あああっ」と声をあげ身悶える。
舌を離し、
親指と人差し指で輪になった部分にワシの中指を挿し入れ、
先程膣内で絶頂を味わった時の様に動かし始めると、
「えっ?あっ、ああっ、あああ~っ」と大きな声を上げ激しく身悶える。
膣内のポイントと同じ深さ同じ様な動きに手が膣内とリンクし脳が錯覚を引き起こす。
更に指を加え2本の指で手マンコを掻き乱す。
「うあああ~っ、くああああああ~っ!」
ガクガクと激しく躯を痙攣させ絶頂に達してしまう。
これは催眠術とは違い、一種のマインドコントロール的な事だと思うが、
プレイ時のワシの目、雰囲気と言葉とが合わさり、初めて出来る事で、
何時からか身に付いたかは定かでは無い。
ただ、かなり遠い昔からこんな事を行っていた。
そんな筈が…、そう思っていた女性も殆んどこうなる事も事実である。

一旦縄を解き自由にしてやると、
肩で息をしながら目を潤ませワシの股間に手を伸ばし、
やがて愛おしそうに口に咥り舐めしゃぶる始めるМ、

フェラ1

フェラ2

その髪を掴み、牝穴を犯すかの様に咽喉の奥深く男根を突き入れながら
「ほら、口マンコでも味わえ」
その言葉に反応し、Мの口とマンコがリンクし、
「んんっ、んぐううう…、ふううう…」声を漏らす。
口さえも性感帯に変化するのだ。
こうなると蜜壺の方もモノ欲しそうにヒクヒクと収縮し、
牝汁を滴らせワシの男根を待ちわびているかのようだった。

裏ページにつづく

『平成生まれの牝奴隷『隷奈』  【第三章】』の続きを読む
EDIT [2018/03/24 19:25] 未分類 Comment:0
BlogTop | PageTop  | >>
プロフィール

緊縛師&調教師

Author:緊縛師&調教師
新 緊縛と調教の世界として、生まれ変わりました。
このブログはアダルトな内容が含まれます。
未成年の方、緊縛やSM等に理解の無い方はお戻り下さい。

様々な緊縛や調教等々…
非現実の世界に皆様を誘います。

当ブログの内容については、
多少フィクションを交えている場合も有りますので、
ご理解の上お楽しみ下さい。
尚ブログからの画像の持ち出し無断使用は、
如何なる理由が有っても禁止いたします。
平気で人のブログの写真を使用して、
事後報告をする人が居る様ですので、
必ず最低限のマナーは守って楽しみましょう。

最新トラックバック

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

ブロとも申告はこちらから。

この人とブロともになる

QRコード

QR